2012年03月25日

化粧品の有害と思われる成分の例

化粧品はお肌に直接付けるもの。特に顔に使うものは、下手に選ぶと顔の印象自体を悪いほうに変えてしまいかねないので、特に少しでも美しくなりたいと願う女性としては、メイクアップ化粧品はもちろん、基礎化粧品まで、化粧品選びは真剣勝負でしょう。


化粧品選びにおいて着目する点は、人によってさまざまでしょうが、どんなものであれ、成分表示には着目していただきたいと思います。というのは、化粧品の成分によっては、お肌はもちろん、体の健康を損なうことがあるからです。


化粧品の成分による具体的な害としては、「環境ホルモン」「発ガン性」がよく言われています。こうした疑いがもたれている成分の例としては、


●環境ホルモン

 オルトフェニルフェノール(OPP)

 オキシベンゾン

 ポリエチレングリコール-4-t-オクチルフェニルエーテル

 パラオキシ安息香酸エステル類(パラベン)

 エチレングリコール脂肪酸エステル

 イソプロピルメチルフェノール、イソプロピルメチルエーテル


●発ガン性物質

 タール系色素(赤色○号、青色○号など)

 クロルヘキシジン

 パラオキシ安息香酸メチル(メチルパラベン)

 パラオキシ安息香酸ブチル(ブチルパラベン)

 イソプロピルメチルフェノール、イソプロピルメチルエーテル

 オルトフェニルフェノール(OPP)


もちろんこれ以外にも、いくつかの成分が挙げられています。


とはいえ、2001年には化粧品の全成分の表示が義務付けられたので、知識さえあれば、パッケージを見れば、その成分がどんなものであるかわかるようになりました。


化粧品の成分に関する詳細は、以下のサイトが参考になるでしょう。


無添加化粧品生活

http://www.mutenka-life.com/
posted by BIMMM at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

化粧品の成分と表示

化粧品はいくつもの成分から成っています。化粧品の成分は商品によって違いますし、人によって合う化粧品も違います。よって、化粧品を買う前に、その化粧品の成分をチェックする必要があります。


化粧品が肌に合わない場合、その化粧品の特定の成分に問題があるケースも少なくありません。化粧品の成分の中で特に問題視されているものが、防腐剤や着色料、香料などの「添加物」。こうした成分の中には、発ガン性や環境ホルモンの疑いが持たれているものもあります。


とはいえ、その成分のお陰で長期保存や使用感の良さなどが実現されているのも事実。また一部の例外を除き、化粧品そのものが化学物質を一切使わずに作ることができないものであるという側面もあります。


化粧品を成分で選ぶ場合は、それぞれの成分について基礎知識を入れておく必要があるでしょう。しかし、あまり神経質になりすぎるとかえって化粧品を使うことができなくなるので、その辺はほどほどに……。
posted by BIMMM at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

化粧品を確実にディスカウント価格で入手する

ディスカウントショップや大手のドラッグストアなどの全国的な展開により、化粧品がディスカウント価格で入手できる機会もとても多くなりました。


こうしたディスカウントショップやドラッグストアなどでは、確かに化粧品も売られていますし、それらはもちろん定価よりも安いです。しかし、これらの店は化粧品の専門店ではありませんから、品揃えもいまいちな感は否めません。欲しい化粧品がそのお店にあればいいですが、そうでない場合はあきらめて別のところで定価で買うか、ほかの商品で妥協するかしていた人も多いことでしょう。


その点、ネットでの化粧品のディスカウントショップなら、欲しい商品をカンタンに探すことができます。例えば「ディスカウント 化粧品」といったキーワードで検索エンジンで検索してみてください。化粧品のディスカウントを行っているショップがたくさんヒットします。しかもそこでは非常に多くのメーカーの化粧品を取り扱っていますから、希望の品を入手できる確率が高いです。特にブランドものの化粧品は、リアルの店舗ではなかなかディスカウント価格で買えませんから、大変お得です。
posted by BIMMM at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| 恋人探しなら | 無料出会いリスト | 出会い地域 | 出会い | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。