2011年07月22日

化粧品で毛穴引き締め

毛穴の開きも、お肌の悩みの中では代表的なものです。開いた毛穴は見た目にも美しくありませんが、特に鼻の黒くなった毛穴は、放っておくとニキビになったりして、全く油断できません。


毛穴のケアにおいてはメイク落とし・洗顔が最重要事項ですが、その後のケアも手が抜けません。特に毛穴をすこやかに保つ基礎化粧品は大切なもの。基礎化粧品は毛穴の引き締めに限らず、スキンケアの基本となるものですから、気合を入れて選びたいものですね。基礎化粧品の中でも、特に化粧水は、「アストリンゼン」など、弱酸性のものがいいようです。


同じ化粧品でも、毛穴のトラブルにファンデーションは要注意。特にニキビの際は、できればファンデーションは使わないほうがいいのですが、なかなかそうもいかないでしょうから、「ファンデーションをしっかり選ぶ」「ファンデーションはしっかり落とす」を心がけるようにするといいでしょう。
posted by BIMMM at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

しみと化粧品

しみに悩む方の対策としては、大きく分けて


・既にできてしまったしみの対策

・これ以上しみを増やさない工夫


の2つがあると思います。


まず、既にできてしまったしみを消すにはいくつかの方法があります。一番確実なのは外科的な方法ですが、これは決して安いものではありませんし、初めての方は不安もありますよね。その点化粧品なら、手軽に試すことができます。


しみ対策の化粧品の利用法としては、ファンデーションで隠すというのも一つの手ですが、「美白」「ホワイトニング」も効果的。こうした効果を謳った化粧品は市場に多く出回っていますので、サンプルなどを取り寄せて、効果がありそうなものから試してみるといいでしょう。また、UV効果のある化粧品は、しみの予防に効果があります。


とはいえ、本気でしみ対策をするなら、化粧品だけでは不十分です。キレイなお肌は普段の生活習慣から。規則正しい生活リズムと、バランスの良い食習慣を心がけ、特にお肌に良いとされるビタミン類(特にC)を程よく摂取しましょう。
posted by BIMMM at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

化粧品の有害と思われる成分の例

化粧品はお肌に直接付けるもの。特に顔に使うものは、下手に選ぶと顔の印象自体を悪いほうに変えてしまいかねないので、特に少しでも美しくなりたいと願う女性としては、メイクアップ化粧品はもちろん、基礎化粧品まで、化粧品選びは真剣勝負でしょう。


化粧品選びにおいて着目する点は、人によってさまざまでしょうが、どんなものであれ、成分表示には着目していただきたいと思います。というのは、化粧品の成分によっては、お肌はもちろん、体の健康を損なうことがあるからです。


化粧品の成分による具体的な害としては、「環境ホルモン」「発ガン性」がよく言われています。こうした疑いがもたれている成分の例としては、


●環境ホルモン

 オルトフェニルフェノール(OPP)

 オキシベンゾン

 ポリエチレングリコール-4-t-オクチルフェニルエーテル

 パラオキシ安息香酸エステル類(パラベン)

 エチレングリコール脂肪酸エステル

 イソプロピルメチルフェノール、イソプロピルメチルエーテル


●発ガン性物質

 タール系色素(赤色○号、青色○号など)

 クロルヘキシジン

 パラオキシ安息香酸メチル(メチルパラベン)

 パラオキシ安息香酸ブチル(ブチルパラベン)

 イソプロピルメチルフェノール、イソプロピルメチルエーテル

 オルトフェニルフェノール(OPP)


もちろんこれ以外にも、いくつかの成分が挙げられています。


とはいえ、2001年には化粧品の全成分の表示が義務付けられたので、知識さえあれば、パッケージを見れば、その成分がどんなものであるかわかるようになりました。


化粧品の成分に関する詳細は、以下のサイトが参考になるでしょう。


無添加化粧品生活

http://www.mutenka-life.com/
posted by BIMMM at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| 恋人探しなら | 無料出会いリスト | 出会い地域 | 出会い | 出会い |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。